タイムレコーダーの相場はどのくらい?種類別に価格を比較


タイムレコーダーの相場


タイムレコーダーの導入を検討している場合、気になるのがタイムレコーダーの相場です。タイムレコーダーは旧来のシンプルなものから、デジタル式のものまで種類が豊富なので組み合わせ次第で価格もかなり変わってきます。

相場を調べるときに知っておきたいポイント

タイムレコーダーの相場を調べているとついつい本体価格ばかり見てしまいますが、実際に運用するときにかかる費用は

  1. イニシャルコスト(導入費用)
  2. ランニングコスト(運用費用)

の両面から考えましょう。


タイムレコーダーの本体価格というのはイニシャルコスト(導入費用)にあたります。ではランニングコスト(運用費用)にはどんなものがあるかというと利用するタイムレコーダーにもよりますが、タイムカード、インクカセット、システムの月額利用料、サポート費用などが挙げられます


今回は、タイムレコーダーの種類別の相場と、ランニングコストで想定されるものをご紹介していきます。


タイムレコーダーの相場を種類別にチェック

タイムカードタイプ

タイムカードを使う旧来のタイプです。紙のタイムカードを挿入して打刻するシンプルなつくりですが、機能によって本体価格はかなり違ってきます。

  • 印字のみ:2~5万円
  • USBでデータ出力ができるタイプ:5~7万円
  • 本体で自動集計ができるタイプ:15~20万円


ランニングコストとしてかかる費用としては

  • タイムカード:100枚で1,000円~2,000円
  • インクカセット:1,500円~2,000円

があります。

複数の支社や店舗で使う場合、本社にタイムカードを送るための送料も考慮しておきましょう。


ICカードタイプ

最近主流になりつつあるデジタル式のタイムレコーダーのうち、ICカードでタッチして打刻するというタイプのものです。ICカードタイプは専用のタイムレコーダーを使うものと、パソコンにICカードリーダーを接続して使うものがあります。


専用タイムレコーダーを使う場合:


本体価格:10~20万円(月額利用料の支払いでレンタル可能な場合もあり)


専用のタイムレコーダーを使う場合、そのデータをサーバーに保存して集計するシステムを導入するかどうかで本体価格とは別にかかるイニシャルコストやランニングコストが変わってきます。


※アプリケーションの費用は後述の『タイムレコーダー用のアプリケーションの相場』を参照ください。


パソコンに接続して使う場合:


  • パソコンやタブレット購入費用:5~10万円
  • ICカードリーダー:3,000円~5,000円


パソコン自体をタイムレコーダーとして使う場合は、パソコンとICカードリーダーを購入する費用がイニシャルコストになります。パソコンをタイムレコーダーとして使うのであれば、打刻するためのアプリケーションを使用する必要があるのでその費用も考慮しましょう。


※アプリケーションの費用は後述の『タイムレコーダー用のアプリケーションの相場』を参照ください。



生態認証タイプ

ICカードタイプと同様、最近人気なのが生態認証で打刻するタイムレコーダー。こちらもICカードタイプと同様、生態認証に対応した専用のタイムレコーダーを利用するか、パソコンに生態認証用機器を接続して使うという方法をとります。


専用タイムレコーダーを使う場合:


本体価格:3~20万円(月額利用料の支払いでレンタル可能な場合もあり)


生態認証の場合、本当に指紋認証のシンプルなものからICカードリーダーとのハイブリッド型まで様々。機能が多くなればその価格も高くなります。


指紋が薄くなってしまうような作業をする人や、手が汚れやすい人、もともと指紋が薄い人の場合、指紋認証がうまくいかないケースが多いので静脈認証もできるタイプや、ICカードも併用できるタイプを選ぶ企業が多いようですね。


※アプリケーションの費用は後述の『タイムレコーダー用のアプリケーションの相場』を参照ください。


パソコンに接続して使う場合:


  • パソコンやタブレット購入費用:5~10万円
  • 生態認証機器:3~4万円

パソコンに接続して使う生態認証機器は、ICカードリーダーに比べると価格は高めです。指紋認証だけのタイプと、指紋と静脈の両方で判断するハイブリッドタイプがあります。指紋だけだと読み取りができないケースがあるので静脈とのハイブリッド認証を採用する企業が増えています。


※アプリケーションの費用は後述の『タイムレコーダー用のアプリケーションの相場』を参照ください。


タイムレコーダー用のアプリケーションの相場

ICカードによるタイムレコーダー、生態認証によるタイムレコーダーを使うのであれば、データを収集し、出力、連携するためのアプリケーションが必要になります。


~50人程度であれば以下の価格が相場となります。

  • ASP・クラウド型:月額15,000円
  • パッケージ型:一括24~30万円

一般的には上記の2種類から選ぶ企業が多いですが、売られているものが自社にフィットしない場合はシステムを開発することになります。その場合は開発費用やサーバー購入費がかかるので価格は企業の求める機能によりけりですが、100万円単位での導入費用がかかると考えておきましょう。


問い合わせ時に本体価格以外も聞いてみよう

タイムレコーダーはネットで検索して情報を集めることはできますが、多くの場合、公開されているのは本体価格、月額料金、パッケージ料金のみです。これはカスタマイズの費用や、独自でシステム開発をする場合は、その企業が求める機能によって価格が異なってくるため


実際は、本体価格以外にもイニシャルコストランニングコストがかかるケースがあるので、問い合わせの際にしっかり確認しておきましょう。