ICカード式タイムレコーダーの導入ポイント

過剰労働やサービス残業などによる過労死などの危険性が叫ばれている昨今、労働基準法に則った勤怠管理が重要となっています。一昔前は紙による打刻や自己申告などで労働時間の管理をしていましたが、最近ではクラウド型の勤怠管理システムや生体認証型のタイムレコーダーなど、種類や機能も大きく進化しています。 中でも、手持ちのICカードで勤怠時間の打刻や入室管理が行えるICカード式タイムレコーダーは人気が高くなっています。

失敗しないタイムレコーダーの選び方

種類は違えど、多くの企業が社員の勤怠管理を行うためにタイムレコーダーを設置しているのではないでしょうか。 では、実際にタイムレコーダーを導入しようと考えた時、皆さんなら何を基準に選びますか?

タイムレコーダーを導入する意味や目的とは

タイムレコーダーは多くの会社で導入されており、その目的としては、社員の勤怠管理がメインと考えられています。では、どうしてタイムレコーダーが導入されるようになったのか、考えたことはありますか?実際にタイムレコーダーを導入する意味や目的を知っておくと、今後労務管理に関わるときに役に立つでしょう。

タイムレコーダーにはどんな種類や特徴があるのか

タイムレコーダーは勤怠時間を管理するのに、とても重要な役割を担います。しかし、そんなタイムレコーダーには様々な種類があり、特徴もそれぞれの種類によって異なります。どんな種類のタイムレコーダーを導入するかは、会社のニーズを見て選ぶようにしましょう。

タイムレコーダーの適切な運用方法とは

企業の勤怠管理をするための方法として、タイムレコーダーの導入は非常に便利で有効な手段と言えます。ここではタイムレコーダーを導入しようとしている方に向けて、運用方法のポイントについて紹介していきましょう。

タイムレコーダーと給与計算ソフトを連携させて勤怠管理を行う利便性とは

タイムレコーダーを導入して、従業員の出退勤管理を行っている企業は多くあると思いますが、それが給与計算ソフトと連携できることはご存知でしょうか?ここでは、タイムレコーダーと給与計算システムを連携させるメリットと、連携させなかった場合のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

停電したらどうなる?タイムレコーダー選びはサポート体制もしっかりと確認を

タイムレコーダーの導入を検討している場合、気になるのが停電時にどうなるかということです。データはサーバに保存されていたものの、タイムレコーダー自体の設定が初期化されてしまう場合もあり、停電から復旧してもすぐには使えないということがあります。このようなトラブル発生時のことも視野に入れてタイムレコーダーを選ぶようにしましょう。

クラウドの市場規模拡大の波はタイムレコーダーにも

タイムレコーダー市場のなかでもクラウド対応の機器が増えていますが、「そもそも、クラウドサービスってなに?」と疑問を抱く人も多いのではないでしょうか?タイムレコーダーを導入するなら知っておきたい『クラウド』についての基礎知識をご紹介します。