勤怠管理の課題と改善方法について

会社の仕事をスムーズに回す上でも、勤怠管理を行うことは重要と言えます。

 

しかし、勤怠管理では従業員の出退勤状況を正確に記録して把握する必要があるのですが、それを行うには様々な労力やコストがかかります。

 

では、勤怠管理における課題とは具体的に何があり、それを改善するためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

■勤怠管理における課題や問題点とは

勤怠管理において、会社としての不利益になりうる問題点は以下の通りです。

 

1.勤務時間の集計

  勤務時間の集計作業をする人間と時間が必要となります。

2.コストがかかる

  社員全員分の勤務表作成やそれに関わる人件費がかかります。

3.勤務表管理のための場所が必要

  過去や現在の勤務表を保管しておく場所が必要となります。

4.社員の不手際や不正が起こる可能性がある

  勤務表記入漏れ時の届け出が煩雑です。
  社員が不正な時刻を記録する可能性もあります。

5.出張時の管理が面倒

  会社に直接出勤することなく出張する場合の記録が煩雑です。
  特に海外出張時の記録を残すのは大変と言えます。

6.給与計算、シフト管理、アウトソーシング連携などが不便

  給与計算やシフト管理は勤務時間管理とは別物であり、多大な労力が必要となります。
  またアウトソーシングにはアナログな情報では不適切で、費用がかかります。

 

いかがでしょうか。
もしもこれだけの課題が解決出来たとしたら会社として大きな利益となるのではないでしょうか。

 

■勤怠管理における課題を改善するにはどうすればいい?

そもそも前述したような問題点が生じるのは、勤怠管理の多くを手作業に頼っているからです。

 

フレックスタイムなど働き方が多様化し、個人情報のデジタル化が進む現代社会において、アナログな手段での勤怠管理はデメリットの方が多いと言えるでしょう。

 

したがって、上記の課題を解決するには自動化やデジタル化を積極的に取り入れることが重要となります。

 

■勤怠管理の課題解決にはタイムレコーダーの導入がおすすめ

最も簡単で確実な手段ともいえる解決方法は、タイムレコーダーを導入することです。

 

タイムレコーダーは現在日本で広く取り入れられているため、ご存知の方がほとんどでしょうが、従来のタイムカードによるシフト管理はいまだアナログであり、上記の問題を根本的に解決する手段となり得ません。

 

これに対し、最近大きな注目を集めていて導入する会社も増えているのが、タイムレコーダーをパソコンと連動する方法です。
基本的にはICカードを社員に割り当て、それを用いて出退勤時間を記録するのですが、その情報はパソコンで管理されます。
全ての情報がデジタル化され、集計から給与計算、シフト管理まで幅広く一括に行うことが可能です。

 

この方法であれば、勤怠管理における問題点を同時に解決することができます。
これは会社にとって大きな利益であり、導入するメリットは大きいと言えるでしょう。

 

マイナンバーを始めとしてデジタル化が社会規模で進行している昨今、取り入れる企業も増えていくことでしょう。