勤怠管理を行う理由・目的とは

企業において、従業員の出退勤時間や出欠状況の把握は、給与の計算などに必要となってくる重要な要素です。
では、正確に勤務状況を管理するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

■勤怠管理とは何?

勤怠管理とは企業が出勤や欠勤の状況、出退勤時刻や休憩時間といった、従業員の勤務状態がどういったものなのかを把握し、管理することを指しています。

 

会社を構成する要素の中でも従業員は大きな比率を占めるもので、その勤務状況をしっかり管理することは、企業にとって非常に重要な事だと言えるでしょう。

 

ですがその目的や理由を知らないまま勤怠管理をすると、かえって不利益な結果になってしまう場合もありますので、きちんと勤怠管理を行う目的と理由を知っておきましょう。

 

■勤怠管理を行う目的や理由とは

勤怠管理を行う理由の1つは、勤務状態をきちんと管理してどのような勤務状態なのかを従業員にもわかりやすくするというものがあります。

 

近年ではブラック企業という単語が知られるようになり、適切な勤務環境でない場合はこの名称で呼ばれてしまうようになってきました。

 

勤怠管理をきちんと行うことで従業員に勤務状態が適切であると知らせることができ、ブラック企業などと呼ばれて企業のイメージを損なうことを回避できます。

 

また、無駄にかかっていたコストの削減や仕事を効率よく回すというのも勤怠管理を行う理由として挙げられます。

 

労働時間や出欠勤状況の把握・管理は、従業員の給与に直接結び付いてくるものなので、ミスをしてしまうと余計なコストがかかってしまいかねません。

 

きちんと勤怠管理をすることで給与計算のミスや遅滞をなくし、全ての従業員に適切な量の仕事を配分することで、効率的に会社を運用することができるのです。

 

■勤怠管理をする方法とは

勤怠管理を行う方法にはいくつかありますが、その1つにタイムレコーダーの導入が挙げられます。

 

タイムレコーダーは従業員の出退勤時刻を記録できるもので、以前はタイムカードで打刻する物が一般的でしたが、最近ではICカードと連動できたり、給与計算を行ってくれる高機能を搭載していたりと便利になっています。

 

また、パソコンに接続して勤怠管理ができるタイムレコーダーもありますので、会社に合う種類や機能の物を選びましょう。