勤怠管理でよくあるトラブルとは

勤怠管理を行う際は、トラブルは避けては通れないものです。 特に初めて勤怠管理を行う場合には、様々なトラブルが起きることが考えられます。 勤怠管理でよくあるトラブル事例を知っておき、適切に対処できるようにしておきましょう。

勤怠管理をスムーズに行う方法とは

会社を滞りなく運用していくためには、勤怠管理をしっかり行うことが重要です。 しかし、やり方を間違えてしまうと、勤怠管理がスムーズに行えずデメリットだけしか残らない場合もあるのです。 では、正しく勤怠管理を行うには、どういった方法があるのでしょうか?

勤怠管理を行う理由・目的とは

企業において、従業員の出退勤時間や出欠状況の把握は、給与の計算などに必要となってくる重要な要素です。 では、正確に勤務状況を管理するにはどうしたら良いのでしょうか?

外勤者や直行直帰が多い人の勤怠管理の方法とは

皆さんの会社では、どのような方法で従業員の出社時間や退社時間を管理していますか? 上司が部下の退社時間を目視で全て確認することは不可能ですので、 タイムカードやICカードなどを使って記録する方法をとっている会社は多いはずです。

勤怠管理における代休の考え方

会社勤めをしていると休日に出勤して仕事をしなければならない機会もあるでしょう。 休日出勤をした場合、別の出勤日を休みにするという対応をしてもらっているかと思いますが、 そのお休みをもらうこと全てを代休だと思っていませんか?

勤怠管理の課題と改善方法について

会社の仕事をスムーズに回す上でも、勤怠管理を行うことは重要と言えます。 しかし、勤怠管理では従業員の出退勤状況を正確に記録して把握する必要があるのですが、 それを行うには様々な労力やコストがかかります。

勤怠管理をペーパーレス(システム化)で行うメリットとは

勤怠管理と言えば専用のタイムカードをタイムレコーダーに挿して打刻するのが主流でしたが、 近年のパソコンやインターネットの普及に伴い、ペーパーレスで勤怠管理を行う企業が増えてきています。 ここでは、勤怠管理をペーパーレス(システム化)で行う方法とそのメリットについて見ていきましょう。

勤怠管理をリアルタイムで行うことのメリットとは

毎月月末にタイムカードを集めて、締め日までに入力集計する作業が膨大になっていませんか。 従業員の勤怠状況をリアルタイムで把握することによって、これらの作業を効率化することができます。 ここでは、勤怠管理をリアルタイムで行うメリットとその方法について見ていきましょう。

在宅勤務の場合の勤怠管理方法とは

最近では、育児や介護などの理由により在宅勤務を選択する方も増えてきています。 では、社員の要望に応えて企業で在宅勤務制度を導入した場合、勤怠管理方法はどうしたら良いのでしょうか。 今回は在宅勤務の社員に対する勤怠管理方法について紹介したいと思います。

中小企業と大企業の勤怠管理方法の違いとは

毎月会社からもらう給料明細ですが、社員それぞれの給料を正確に計算するためには、社員1人1人の勤務時間や勤務状況をきちんと記録し、管理する必要があるのです。 では、中小企業と大企業の場合、勤怠管理の方法に違いはあるのでしょうか?

管理職者の勤怠管理は必要なのか

従業員の勤怠管理を行うことは、会社の運営を行っていく上で非常に大切なことです。 しかし、従業員を管理する立場である管理職者の勤怠管理はどうするべきなのでしょうか? 今回は管理職者の勤怠管理は行う必要があるのか、どう行うべきなのかについて見ていきましょう。

勤怠を見える化する重要性と得られる効果について

従業員の勤怠を把握・管理することは、会社にとって重要なことです。 そこで、近年では勤怠を見える化することが重要視されるようになってきました。 しかし、勤怠を見える化するというのは、どういうことなのかよく分からないという方もいるでしょう。 ここでは勤怠を見える化する重要性と効果について説明したいと思います。

勤怠管理における代休と振替休日の違いとは

本来は出勤する予定出なかった日に出勤をした場合、その代わりとして代休や振替休日を取得することが認められますが、 その二つの違いが明確でない方も多いのではないでしょうか? 正確な勤怠管理を行う際に必要な、代休と振替休日の定義や給与計算の考え方について詳しく見ていきましょう。

勤怠管理における法定休日と法定外休日の違いとは

労働者を守るために労働基準法という法律が存在しており、そこでは従業員に対して適切な休日を与えることが雇用主に義務付けられています。 労働者に与えられる休日は「法定休日」と「法定外休日」の2つに分けられますが、どのように定義されているかはご存知でしょうか?

勤怠管理を行う際に知っておくべき法令とは

従業員の勤怠管理を行う際は、法令で定められている事柄を遵守した上で行う必要があります。 それは従業員の働く環境を守るためであり、会社を健全に発展させていくためにも重要と言えます。 しかし、そこで気になるのが、どのような法令を遵守すれば良いのかということです。 そこで今回は、勤怠管理の際に知っておく必要がある法令について紹介します。

勤怠管理方法にICカード認証を導入するメリット・効果とは

従業員1人1人の出退勤時間や残業の管理を適切に行うためには、勤怠管理システムなどの導入が不可欠となってきます。 勤怠管理の方法にはいくつかの手段が考えられますが、最近ではICカード認証によるシステムを導入するところも増えてきています。 では、ICカードを導入するメリットや注意点などはどのようなものがあるのでしょうか?

病院など夜勤(深夜労働)がある場合の勤怠管理について

深夜労働のある職場での勤怠管理について、どのようにした方が良いのか悩みませんか? 夜勤があると夜勤手当などをつけないといけないので、どの人が何時間夜勤を行ったのかなど管理することはとても大切です。 そこで今回は、病院など夜勤がある職場での勤怠管理方法について見ていきましょう。

【職場意識改善助成金】勤怠管理の導入にかかる費用を抑えるための助成金・補助金とは

企業において勤怠管理は欠かせない作業ですね。 タイムカードでの打刻や出勤簿への記録、それらを月締めに回収して確認するという流れが一般的かと思います。 給与へも影響することなので正確かつスピーディーに行う必要がありますが、案外時間や人手を割く作業ですので、できれば機械化したいところです。 とは言っても勤怠管理システムやその他設備の導入はコストがかかるため、なかなか踏み切れない企業も多いのではないでしょうか。実は勤怠管理の導入に使える、「職場意識改善助成金」という助成金があるのです。

勤怠管理システムの選定ポイントと注意点とは?

勤怠管理は簡単に言えば「出勤・退勤の確認」ではありますが、シフト勤務やフレックスなど働き方の多様化により管理が煩雑になってきていることと、 不正な労務がないかコンプライアンス対応や人員配置の適正化・コスト管理など、求められる役割が広がってきています。

勤怠管理で重要な36協定とは

残業時間や残業代について、36協定(サブロクきょうてい)というものを耳にしたことはありませんか? 36協定は勤怠管理を行う際にとても重要となってくるものなのですが、どのような内容のものなのでしょうか? また、36協定を締結するとどうなるのでしょうか?

勤怠管理のワークフローはどうシステム化する?クラウドにすべきケースとは

業務の効率化を目指すとき、ワークフローのシステム化は考慮すべき重要なポイントです。勤怠管理にもワークフローがあるので、勤怠管理の効率化を目指すのであればその点の考慮が必要になってきます。今回はワークフローに焦点を当て、勤怠管理システムの導入について考えてみましょう。

勤怠管理は何のために行うのか?必要性や方法を改めて考えてみよう

勤怠管理は正しい賃金を支払い、従業員の長時間労働を未然に防ぐためにも大事なことです。これは改めて説明されるまでもなく、皆さん理解されていることでしょう。しかし、本当の意味での『勤怠管理』ができているのか?と問われたとき、あなたは自信をもってイエスと答えられますか?