お役立ち情報一覧

タイムレコーダーお役立ち情報

記事タイトル 記事概要
失敗しないタイムレコーダー選び方 種類は違えど、多くの企業が社員の勤怠管理を行うためにタイムレコーダーを設置しているのではないでしょうか。 では、実際にタイムレコーダーを導入しようと考えた時、皆さんなら何を基準に選びますか?
実は悩む!タイムレコーダーの置き場所を決めるポイントとは 勤怠管理のためにタイムレコーダーを設置している企業も多くありますが、悩むのがその設置場所ではないでしょうか。たとえば大勢のスタッフが働いているような職場ですと、出勤時間にはタイムレコーダーを押すのに長蛇の列ができることがあります。
タイムレコーダー導入のメリット・デメリットについて 出勤時や退勤時にタイムカードを入れるだけで勤務時間の打刻ができるので、タイムレコーダーは、社員の勤怠管理を行うのに最適なアイテムだと言えるでしょう。
タイムレコーダーを導入する意味や目的とは タイムレコーダーは多くの会社で導入されており、その目的としては、社員の勤怠管理がメインと考えられています。では、どうしてタイムレコーダーが導入されるようになったのか、考えたことはありますか?実際にタイムレコーダーを導入する意味や目的を知っておくと、今後労務管理に関わるときに役に立つでしょう。
タイムレコーダーを使う必要性はどこにあるのか 会社にタイムレコーダーを置いていることは少なくありません。出退勤の時によく見かけるという人は多いのではないでしょうか。実際に使ってみて、タイムレコーダーの必要性について考えたことはないでしょうか。
タイムレコーダーの機能の種類やあった方がよい機能とは 社員の労働時間を管理する上でタイムレコーダーを活用している企業は多いですよね。最近のタイムレコーダーは新しい機能が搭載されたりと、どんどん利便性も高まってきています。
タイムレコーダーの改ざんや不正防止対策にはどんな方法があるのか タイムレコーダーはスタッフの勤怠管理に使用する機器ですが、打刻時間に関する改ざんや不正が起こることがあります。正確にスタッフの勤怠管理を行うためのツールで不正が起こった場合の対応や、対策について見ていきましょう。
タイムレコーダーにはどんな種類や特徴があるのか タイムレコーダーは勤怠時間を管理するのに、とても重要な役割を担います。しかし、そんなタイムレコーダーには様々な種類があり、特徴もそれぞれの種類によって異なります。どんな種類のタイムレコーダーを導入するかは、会社のニーズを見て選ぶようにしましょう。
タイムレコーダーの適切な運用方法とは 企業の勤怠管理をするための方法として、タイムレコーダーの導入は非常に便利で有効な手段と言えます。ここではタイムレコーダーを導入しようとしている方に向けて、運用方法のポイントについて紹介していきましょう。
タイムレコーダーを導入する時のポイントとは(サイズ・価格・耐用年数) タイムレコーダーは勤怠管理をする上でとても便利なものです。しかし、もちろん購入するコストがかかりますから、自分の会社に合った良いタイムレコーダーを導入することが大切です。では、タイムレコーダーを導入する時は、何をポイントとして選べば良いのでしょうか。

勤怠管理システムお役立ち情報

記事タイトル 記事概要
勤怠管理でよくあるトラブルとは 勤怠管理を行う際は、トラブルは避けては通れないものです。 特に初めて勤怠管理を行う場合には、様々なトラブルが起きることが考えられます。 勤怠管理でよくあるトラブル事例を知っておき、適切に対処できるようにしておきましょう。
勤怠管理の必要項目とチェック方法について 勤怠管理を初めて行う場合、どういった事をすればいいのかわからない場合も多いでしょう。 スムーズな勤怠管理を行うためには、従業員に関するどんな情報を管理しなければならないかを知る必要があります。
勤怠管理をスムーズに行う方法とは 会社を滞りなく運用していくためには、勤怠管理をしっかり行うことが重要です。 しかし、やり方を間違えてしまうと、勤怠管理がスムーズに行えずデメリットだけしか残らない場合もあるのです。 では、正しく勤怠管理を行うには、どういった方法があるのでしょうか?
勤怠管理を行う重要性と管理を怠った場合のリスクとは 勤怠管理について知っていても、その重要性を知らなくては意味がありません。 勤怠管理の重要性やリスクを知っておくことで、より適切に会社運用ができると言えます。
勤怠管理を行う理由・目的とは 企業において、従業員の出退勤時間や出欠状況の把握は、給与の計算などに必要となってくる重要な要素です。 では、正確に勤務状況を管理するにはどうしたら良いのでしょうか?
変形労働制の勤怠管理を行う際の注意点 仕事の勤務体制は企業によって様々ですが、その中に変形労働制というものがあるのをご存知ですか? 変形労働制は普通の労働制と違う部分が多く、勤怠管理をする時にはいくつか注意点があります。
外勤者や直行直帰が多い人の勤怠管理の方法とは 皆さんの会社では、どのような方法で従業員の出社時間や退社時間を管理していますか? 上司が部下の退社時間を目視で全て確認することは不可能ですので、 タイムカードやICカードなどを使って記録する方法をとっている会社は多いはずです。
勤怠管理システムの導入事例と導入することで得られる効果とは どの企業でも、従業員の出退勤時間や休暇などの管理を何らかの方法で行っているかとは思いますが、 コスト削減などの理由で勤怠管理システムを導入しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
勤怠管理における外出時間と休憩時間の考え方 企業や部署によって外出や出張の有無や労働形態も異なってくるため、 給与計算をする上で勤務時間の把握は必須となってきます。 では、勤怠管理において、外出時間と休憩時間をどのように定義・解釈されるのでしょうか?
勤怠管理における残業時間の考え方と残業代の正しい計算方法とは 企業に勤めていると、仕事を終わらせるために残業することも多いですよね。 では、勤怠管理において残業時間はどのように処理されるものなのでしょうか。 ここでは、法令での残業時間の定義と残業代の正しい計算方法を紹介していきます。
勤怠管理における代休の考え方 会社勤めをしていると休日に出勤して仕事をしなければならない機会もあるでしょう。 休日出勤をした場合、別の出勤日を休みにするという対応をしてもらっているかと思いますが、 そのお休みをもらうこと全てを代休だと思っていませんか?
勤怠管理における有給休暇の考え方と管理方法について 会社勤めをしていると気になるのが、有給休暇のことですよね。 自分が働いている会社にもその制度があるようだけれど、仕事が忙しくて中々取得することができず、 どのような制度なのかよく分かっていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
勤怠管理の課題と改善方法について 会社の仕事をスムーズに回す上でも、勤怠管理を行うことは重要と言えます。 しかし、勤怠管理では従業員の出退勤状況を正確に記録して把握する必要があるのですが、 それを行うには様々な労力やコストがかかります。
勤怠管理の内容とは?どこまで管理すれば良いのか 従業員の給与計算や仕事を効率よく回すためにも、勤怠管理は重要です。 しかし、今まで勤怠管理を行っていなかった場合、 どこまで管理すればいいのか、どういう方法で管理していけばいいのか分からないですよね。
勤怠管理はタイムレコーダーと自己申告どちらで行うのが良いのか 皆さんの会社では勤怠管理の記録方法として何を採用しているのでしょうか? ここでは、勤怠管理の方法として、タイムレコーダーと自己申告の2通りのパターンについて、 それぞれのメリット・デメリットとともに紹介したいと思います。
勤怠管理をペーパーレス(システム化)で行うメリットとは 勤怠管理と言えば専用のタイムカードをタイムレコーダーに挿して打刻するのが主流でしたが、 近年のパソコンやインターネットの普及に伴い、ペーパーレスで勤怠管理を行う企業が増えてきています。 ここでは、勤怠管理をペーパーレス(システム化)で行う方法とそのメリットについて見ていきましょう。
勤怠管理をリアルタイムで行うことのメリットとは 毎月月末にタイムカードを集めて、締め日までに入力集計する作業が膨大になっていませんか。 従業員の勤怠状況をリアルタイムで把握することによって、これらの作業を効率化することができます。 ここでは、勤怠管理をリアルタイムで行うメリットとその方法について見ていきましょう。
在宅勤務の場合の勤怠管理方法とは 最近では、育児や介護などの理由により在宅勤務を選択する方も増えてきています。 では、社員の要望に応えて企業で在宅勤務制度を導入した場合、勤怠管理方法はどうしたら良いのでしょうか。 今回は在宅勤務の社員に対する勤怠管理方法について紹介したいと思います。